INDIVIDUALIZED CLOTHING TRUNK SHOW

1/26/2017






皆様、こんばんは。

2017年がスタートしてもうすぐ1ヵ月が経ちますね。

正月ボケも完治して皆さん普段通りのお仕事をされていますよね。

仕事といえばスーツやジャケットを着ていられる方が多くいらっしゃると思います。

新しい年も始まりましたので、新しいスーツをオーダーして作ってみるのはいかがでしょうか。

今回はUSONIAN GOODS STOREで三回目のイベントとなります。




題して・・・



INDIVIDUALIZED CLOTHING TRUNKSHOW

1/30(mon)~2/5(sun)



CLOTHINGを初めて聞いたという方に、簡単ではありますが歴史をお話しさせて頂きます。

1919年に創業し、アメリカで100年近い歴史を持つ、スーツ専門ファクトリーブランドである、

ENGLISH AMERICAN COMPANY

1978年にIAG(インディビジュアライズドアパレルグループ)傘下に入り、

その後、2003年にプライベートブランドとして、”INDIVIDUALIZED CLOTHING”をスタートさせました。

ニュージャージー州アンボイのファクトリーで作られる、INDIVIDUALIZED SHIRTS同様、

アメリカ国内におけるカスタムオーダーのスーツを、メリーランド州ウエストミンスターで手掛けるファクトリーです。

インディビと名前を聞くと、シャツのイメージが強いと思いますが、IAGでは、

INDIVIDUALIZED CLOTHING の様にジャケットも作られています。


次に、簡単なオーダーの流れをご案内致します。


1:ジャケットの型を決める(Gates1919/Rat Pack/JFK)

Gates1919


JFK




Rat Pack



2:サイズ採寸

WAIST(ウエスト)・TAIL(着丈)・SLEEVE(袖丈)の各箇所の採寸を行い、

それぞれの寸法を決めていきます。



3:ディティールの選択

・肩パッド
REDULAR・LIGHT・NO の3種類からお選びいただけます。

・ライニング
FULL LININING(総裏地) ・ HALF LINING(背部分額縁裏地) いずれかをお選び頂き、
ライニングの色を決めます。

・袖口
CLOSED(開き見せ / 飾り切羽) ・ FUNCTIONAL(本切羽 / 釦・ボタンホール付) ・
OPEN(本切羽 / 釦・ボタンホール後付) の 3種類からお選び頂きます。

・ボタン
見本の中より、お好きなボタンをお選び頂きます。

・生地
ジャケット・スーツの2種類の価格表を参考に生地をお選び頂きます。
生地によっては、スーツをお選び出来ない物もございます。


生地のサンプルです(沢山あるので店頭でご覧ください)




ボタンサンプル(一部を紹介させて頂きます)





大まかな流れはこのような感じです。

【価格】

・ジャッケット1着あたり¥98.000(税抜)から

・スーツ1着あたり¥\140.000(税抜)から

【納期】

仕上がりは4月頃を予定しています。

※オーダー金額の20%を内金として頂戴し、お渡しの際に残金をお支払い頂きます。


スーツはもちろんのこと、カジュアルジャケットの作成もできます。

ご興味ございましたら、まずは店頭にジャケットや生地のサンプルをご用意しておりますので、

ぜひお立ち寄り下さい。

皆さまのご来店をお待ちしています。



USONIAN GOODS STORE 髙梨


You Might Also Like

0 コメント