INFORMATION "WOLVERINE MORE VARIATION" 2

4/04/2017








前回に引き続き、今週末・金曜日からからイベントを開催するWOLVERINEのご紹介をしていきたいと思います。

前回が予習だとすれば、本日は復習。

当店で通常展開しているWOLVERINEのモデルを改めてご紹介したいと思います。


1000MILE BOOT Cordovan NO,8 / 55,000YEN(EX-TAX)



1000MILE BOOT Black×Black / 55,000YEN(EX-TAX)


まずはWOLVERINEの代名詞とも言うべき定番。

1000MILE BOOTのスムースレザーモデルです。

古いオリジナルのブーツはホースハイドレザーと言われる、馬の革を使って作られていましたが、

現在ではホーウィン社 が提供するクロムエクセルレザーで作られています。

たっぷりと油分を含んだレザーは、過度な手入れはいらず、

経年によって味わい深い変化が生まれるのが特徴です。

一度古着屋でオリジナルの1000MILE BOOT を見た事がありますが、

現在作られている1000MILE BOOTはそれと比べても雰囲気が出ており、

オリジナルに全く負けていません。

特徴的な履き口のカーブや、スッキリとしたトゥのデザインなどは色々なブーツを試してきたという方にもきっと満足いただけます。







続いては1000MILE BOOTのスウェードモデルです。

レザーにはスムースレザーモデルと異なり、C.Fステッドスエードを使い制作されています。

スムースレザーに比べると艶はないので、さらにハードな印象は抑えられています。

それでいて作り方や使用は同じですので、

現代のエッセンスをミックスしたといった所でしょうか。

また、スムースレザーに比べると経年変化は出にくいですが、

傷を気にしなくてよいので、気にせずガンガン履きたいなんて人には持ってこいですね。




そして最後は "POST MAN"名前の通り、

郵便配達人が履いていたシューズをモデルに作られています。

1000MILE BOOTに比べると、ソールが厚いですが、

vibram社の作るウレタンソールで出来ています。その為見た目に反して大変軽量で、

クッション性が良いので履き心地は抜群です。

こちらはガラスレザーで出来ていますので、定期的に手入れをしてあげて、

足になじませるのがベターかなと思います。


いかがでしたでしょうか。改めて見ても 1000MILE BOOT のフォルムはとても良いですよね。

次回は新作を含む、期間中のみ取り扱いのモデルをご紹介したいと思いますので、

楽しみにしていてください。それでは!


USONIAN GOODS STORE

矢澤



【WOLVERINE MORE VARIATION】

この度USONIAN GOODS STOREでは4月7日(金)~4月23日(日)の2週間、
 ”WOLVERINE MORE VARIATION" と題し、
アメリカのブーツブランド”WOLVERINE”のイベントを開催致します。
当店既存展開5型の他に、17SS新作3型を含む5型を加えた、MADE IN USA モデル 計10型を期間限定でご紹介致します。
ブランドを代表する定番の1000MILE BOOT や、ドレスウェアにも合わせやすい OXFORD タイプのシューズなど、通常の展開よりも幅広い商品ラインナップとなっております。
-DATE-
2017年4月7日(金)~4月23日(日)

-PLACE-
USONIAN GOODS STORE
渋谷区神宮前2-19-16

-ATTENTION-
・一足¥53,000(税抜き)~
期間中WOLVERINE シューズをお買い上げのお客様には、ノベルティとしてWOLVERINEオリジナルのトートバッグをプレゼント致します。
・期間中取り扱いモデルに限り、メーカーに在庫がある場合お取り寄せを承ります。

You Might Also Like

0 コメント