INFORMATION "WOLVERINE MORE VARIATION"

4/02/2017





昨日の雨、とても寒かったですね。 

でも、一転して今日は晴れの気持ち良い天気。最高ですね。

この時期の風物詩と言えばお花見。桜ですね。

早い方は今日お花見を楽しんでいる方いるのでは。

家の近くの桜はまだ3分咲きでしたので、来週末にはきっと満開の見ごろですね。

皆さま来週末はお花見でしょうか。


お花見ついでに当店へ是非お越し下さいということで、

来週末金曜日、4月7日からアメリカのシューズブランド。

「WOLVERINE」(ウルヴァリン)のイベントを開催致します。
※詳細につきましては下記をご覧ください。

当店通常展開5型の他に、新作を含む5型を加え、

期間限定でラインナップを増やし、WOLVERINEの魅力や作りの良さをご紹介するイベントです。

イベントを控えてBlogで数回に分けて、ブランドのご紹介や簡単にモデルのご紹介をしたいと思います。

まずは第一回目、WOLVERINEブランドとは。という所にフォーカスしてご紹介です。




WOLVERINE(ウルヴァリン)
G.A.クラウスが「ウルヴァリン・ワールドワイド社」の前身となる皮革販売・靴卸売会社ハース・クラウス社を設立。
それから20年後の1921年、現在の本社があるアメリカ・ミシガン州ロックフォードに当時としては画期的な生産体制を誇る、近代的な製靴工場を開設。
その後、原料の仕入れから、革加工、製靴、販売までを手掛ける総合靴メーカーとして成長します。
1914年にはブランドを代表する「1000マイルブーツ」をリリース。
この頃よりアメリカ各地のワーカー達から厚く支持されることとなる。
「1000マイル(約1600キロ)歩いても壊れない」と言われるほどの堅牢なつくりと、

履きやすさを誇る1000マイルブーツ。「ソールとアッパーは鋼のように堅く、履き心地はシルクのように柔らかい」と当時のワーカー達から称賛を受けたのもこの頃であった。
今日、ウルヴァリンはオリジナルと同じ構築方法を使用して、
アーカイブパターンを元にした、ブーツとシューズのコレクションを制作しています


ブランドができてから130年以上経つ、とても歴史のあるブランドです。

近年では、US NAVYにサービスシューズの提供を行うなど、その作りの良さは国のお墨付きです。

ブランドの顔ともいえる"1000 MILE BOOT"は、名前にある様に、

1000MILE(1600Km)歩いても壊れないというカスタマーの話しから名づけられました。

ブーツというとゴツイ・重い・男くさいなどのイメージを持つ方も少なくないと思いますが、

WOLVERINEのブーツは、全般的にスッキリとしたコバやソール。

甲のキレイなラインなど、ドレスシューズのそれに近い仕上がりになっています。

また、ブーツながら重さはあまり無く、履くととても軽く感じます。


手入れ次第ですが、一生とまでは言わないものの、

大変長くご愛用頂けます。

MADE IN USAモデルがここまで沢山揃う機会もそう多くはないはずです。

お花見予定の方も、ブーツを探していたという方も、

まずは、期間中ぜひUSONIAN GOODS STOREへお立ち寄りください。


USONIAN GOODS STORE

矢澤



【WOLVERINE MORE VARIATION】

この度USONIAN GOODS STOREでは4月7日(金)~4月23日(日)の2週間、
 ”WOLVERINE MORE VARIATION" と題し、
アメリカのブーツブランド”WOLVERINE”のイベントを開催致します。
当店既存展開5型の他に、17SS新作3型を含む5型を加えた、MADE IN USA モデル 計10型を期間限定でご紹介致します。
ブランドを代表する定番の1000MILE BOOT や、ドレスウェアにも合わせやすい OXFORD タイプのシューズなど、通常の展開よりも幅広い商品ラインナップとなっております。
-DATE-
2017年4月7日(金)~4月23日(日)

-PLACE-
USONIAN GOODS STORE
渋谷区神宮前2-19-16

-ATTENTION-
・一足¥53,000(税抜き)~
期間中WOLVERINE シューズをお買い上げのお客様には、ノベルティとしてWOLVERINEオリジナルのトートバッグをプレゼント致します。
・期間中取り扱いモデルに限り、メーカーに在庫がある場合お取り寄せを承ります。

You Might Also Like

0 コメント