NEW ARRIVAL "CRARY SHOES"

9/07/2017






パっとしない天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

僕は先日風邪からくる、ウィルス性の腸炎で死んでいました。

むかーし一度ノロウィルスにやられたことがあり、

その時も死ぬほど苦しみましたが、今回もそれに匹敵する痛さでした。

30歳を過ぎたひげ面のおじさんが、駅で立てなくなっているなんて、きっと酔っぱらっている人だと思ったでしょうね。

やっぱり健康が一番。これから本格的に風邪などが流行る時期です。

皆様もお気をつけください。


さて、少しづつ秋冬に入って装いも変わってきたのではないでしょうか。

本日は入荷したての大物のご紹介をしたいと思います。


CRARY SHOES(クレイリーシューズ)
1978年にビル・クレーリーによって創業したシューズブランドです。
創業者の祖父は、1932年にブーツで有名な「ダナー」を創業したチャールズ・ダナーです。
ビルも13歳からダナーの工場で働き始め、プロダクトマネージャーの職に就いていました。
「より顧客の視点に立ったもの作り」を目指して独立し、 「クレイリー シューズ」を設立。
現在では靴や足に関する専門知識を備え、優れたデザインと機能を誇るカスタムブーツと矯正靴を手掛けています。 


MID TOWN (DK Brown)  / 118,000YEN(EX-TAX)


MID TOWN (Black)  / 118,000YEN(EX-TAX)


こちらのシューズは、オレゴン州ポートランドの工房で、クレイリー氏を含む4名の職人によって作られています。

職人が4名ということで月に制作できる靴の数は60足程度だそうです。

機械を多く導入したり、職人を増やすなどすれば、より沢山の靴を作製できますが、

一足一足にしっかりと向き合って生産を行い、丁寧に生産をしたいとのこと。職人気質です。




革の裁断はコンディションを見極め行うため、手で裁断。

製甲ではシングルステッチを折り返して二度縫いすることで耐久性を高め、

ダブルステッチのように見せています。

また、吊り込みは機械を用いず、ハンドステッチングで丁寧に成型。

ステッチダウン製法はキャリア50年のクレイリー氏自らが手掛けるなど、

各所に大変高い拘りと技術力が詰まっています。

アッパーレザーにはエルメスなど、ヨーロッパの名だたるブランドに製品供給している、

ノルウェーの名門タンナー・アーネス社の”クリンプレザー”を採用。

繊維が密でコシが強く、タッチ感は大変ソフトで、美しいシボのある表情が大変端正なラグジュアリーレザーを使用しています。




気になる履き心地ですが、矯正靴も手掛けているという事で、

フィット感は抜群です。

展示会に伺った際には、見た目も良かったのですが、その履き心地に衝撃を受けてオーダーを決めた位です。

付属でレザーインソールと、緑の薄いインソールの2枚が入っていますが、

まずは、緑の薄いインソールで足形になじませ、なじんでからレザーインソールを使用して頂くのが、良いそうです。

むしろレザーインソールを入れなくても十分履き心地いいですからね。

最初は表記サイズよりややきつく感じます。馴染んでからが表記サイズになるという事ですね。

入荷は BlackとDK Brownの2色、サイズはUS8とUS9のみです。

値段もヘビーですが、履いたら欲しくなります。きっと。

騙されたと思って是非お試し頂きたいです。


USONIAN GOODS STORE

矢澤






You Might Also Like

0 コメント